配合管理、シミュレーションソフト MDSSの紹介
次世代配合設計データーベース
サンプル手配依頼仕事に使える情報集
MDSS 配合設計ソフト
配合とゴム物性を管理し、物性結果を予測するソフト 
(日本システム開発叶サ、 
販売代理店;渇チ藤事務所


<平成24年7月末まで20%引き 値引きキャンペーン中>

1. 配合とテスト結果の物性の管理は専用ソフトですっきり管理。検索も簡単! 

ゴム技術者の開発した配合、そのゴム物性結果が会社の資産として総合的に管理されていますか? 多くの場合、担当者のPCの中にデーターがあり、配合、試験条件、物性データーが会社のサーバーに保管され検索できるようになってないケースがほとんどのようです。それでは、担当者が変われば、せっかくのデーターが分らなくなります。また報告書での紙のデーターではあとからデーターを検索するのが大変です。このソフトで配合の登録、検索、管理、解析ができます。
 <今回ゴム業界初の配合、物性管理ソフトができました!>

2. 重回帰分析により、配合量の変数にして予測式を作り、物性データを予測し、シミュレーションができる

得られたデーターをベースに配合材料の配合部数、試験条件の数値、練り条件の数値ごとに、それぞれの物性(例えば引っ張り強度、硬度、伸び、M300,ムーニー粘度、T5,T90の数値)との相関性をソフトが自動計算して、多関数予測式を作ります。これでどの条件(配合、練り条件)がどの物性に効いてくるのかが一目瞭然になり、PC上で、配合を変えて物性結果が予測できることになります。これにより 無駄な試験を減らしてコストダウンができます。
但し一回もデーターをとっていない配合材料を使った物性予測はさすがにできません。 

3. 資料、パンプットはこちらをクリックしてダウンロードできます。

日本システム開発の同製品 MDSSソフト紹介のページはこちら。動画での説明もあります。

4. ソフトの価格はベースパッケージが160万円(税別)より。(重回帰分析でのシミュレーションソフトは別途オプションで合計250万円になります) 
<平成24年7月末までこの金額から20%引き 値引きキャンペーン中>

また別途にサーバー1台が必要になります。(既存のサーバーでも使用可)社内LAN上で、各担当者のPCから配合、条件、物性の登録、検索ができます。

5.御説明、お問い合わせ、見積依頼は販売代理店 渇チ藤事務所まで、

電話03-5645-8670、 FAX03-5645-8671 メール:info@rubberstation.com

6. ユーザーの皆さんからのコメント

若手ゴム技術者の教育にぴったり。
今までベテランのゴム技術者の頭にあった配合ノウハウがこれで会社の資産になり、皆で活用できるようになった。
配合と条件、物性データーの共有ができた。
後継者の育成に使える。
部下の配合、研究開発の進捗がチェックできる。
社内でバラバラに保管されていた配合物性データーが一元化できる。
前の配合技術者にいちいち聞かなくてもわかるようになった。
配合もこれでIT化ができる。
今まである程度勘で配合をいじっていたが、これでデーターに裏づけされた配合を組める。

7. ソフトメーカー;日本システム開発梶@www.nsk.co.jp 

(本ソフトの著作、開発がメディビック社から日本システム開発に移管されました
日本システム開発の同製品のページはこちら

以下 日本ゴム協会関東支部総合紹介講演会(平成21年10月22日)にて
渇チ藤事務所が発表した資料より抜粋;















御説明、お問い合わせ、見積ご依頼は渇チ藤事務所まで
電話03-5645-8670、 FAX03-5645-8671 メール:info@rubberstation.com


ゴム報知新聞オンラインニュースゴムタイムス紙ポリファイル(高分子と化学の技術情報誌)、米国Rubber & Plastic News紙米国RubberWorld誌欧州Europian Rubber Journal誌英国British Plastic & Rubber誌
更新日2012/05/13
All Rights reserved byShinichi Kato Office
このラバーステーション、ゴム情報リンクのすぺてのページについて、無断転載を禁じます。
−加藤事務所−