ゴム工場向け PRTR法の解説と実務、 ゴム工場におけるPRTR法とMSDS制度の基礎知識
    2002年8月31日発行 定価4500円  発行所株式会社ポスティーコーポレーション(ゴム報知新聞) ご注文は同社まで 電話03-3851-5391     

内容: 目次より
1        PRTR法とは
1−1.PRTR法がスタート
1−2.PRTR法のあらまし
1−3.制定の背景
  1−3−1.環境リスクの高まり
  1−3−2.報告データとその公開
1−4.対象となる化学物質
  1−4−1.6グループに大別
 1−4−2.管理指針
1−5.対象となる会社、工場
 ■指定業種 ■従業員数 ■取扱量
1−6.ゴム工場使用の指定化学物質
  1−6−1.接着工程ありは対象に
  1−6−2.具体的な化学物質名と商品名
  A.第一種指定化学物質
  B.第二種指定化学物質

第2章 PRTR法の実務
2−1.対象事業所か否かの判定
2−2.漏れ量、廃棄物移動量の算定
2−3.実際の計算方法
 2−3−1.計算の前に
 2−3−2.実測による方法
 2−3−3.物質収支による方法
 2−3−4.排出係数による方法
 2−3−5.物性値による方法
   計算する上でのポイント
2−4.具体的な計算例・・・排出係数による方法
   DOPの排出量と廃棄量
 2−5.届出書(報告書)の作成
1)届出書 (2)届出書本紙(表紙) (3)提出者
4)別紙 (5)届出時期と届け先

第3章    MSDS(化学品安全データシート)
 3−1.MSDSの狙い
3−2.MSDSの内容
第4章    マスターバッチと対象化学物質
 4−1.マスターバッチ企業の対応
 4−2.厳しくなるユーザーの目
 4−3.その他ゴム工場における注意点など
1.                      加硫ゴムは対象外か?
2.                      樹脂成形品は対象外か?
3.                      配合上秘密にしたい薬品があるか?
4.                      亜鉛、バリウム化合物は対象品か?
5.                      ゴム工場では何品目対象物質があるか?
6.                      すでにパイロット事業で協力しているか?

第5章    米国でのPRTR法運用状況

第6章 PRTR法管理指針(ゴム工場版)
  ゴム会社におけるPRTR法の管理チェック点と対策
   ・・・米国ゴム工業会版PRTR法対策ハンドブックより(抄)

第7章 労働安全衛生法上の通知対象物質

第8章    今後のゴム業界への影響


  資料1 PRTR法関係資料
  資1−1.PRTR法指定化学物質一覧表
  資1−2.主な化合物の換算係数
  資1−3.様式第1届出書フォーム
  資1−4.届出書記入要領
  資1−5.届出提出先
  資1−6.管理指針

  資料2 よくあるPRTR法関連の質問と回答
1.                一般的な質問
2.                対象物質に関して
3.                排出量、移動量の推移について
4.                MSDSについて
 
  資料3 PRTR法用語集 環境省編纂

  資料4 インターネットからの情報収集
   資4−1.インターネットサイト「ラバーステーション」
   資4−2.インターネット上のPRTR法参考資料
   資4−3.株式会社加藤事務所のお知らせ
 
  ■PRTR法コラム
   @社内体制作り
   A罰金20万円では安すぎ?
   B合理的な推測とは
   C住民による監視が目的